HOME  NEWS  LIVE  BIOGRAPHY  MEMBER  DISCOGRAPHY  MOVIE  BLOG  CONTACT etc.
 BIOGRAPHY
 
  LIE-DOWN
 

結成年月日については諸説ありその正確な日付は定かではないが現在のメンバーで活動を開始して2016年1月8日に15年が経過している。一切のメンバー交代もなく15年活動している球団はセパ両リーグ合わせてもなく、なかなかすごいことであるのかもしれない。


音楽性については一概にこのジャンルというのは、人それぞれの価値観があるので伏せておこうと思うが、本人達はグラムロック、パンクなど70年代UKから昭和日本歌謡など様々なジャンルを好んで聞いており、「食ったもんがその人間を作る。カップラーメンしか食わねえもやしっ子は3分でのびちまうよ。あっはっはっは」と語る篠崎の言葉通りその好きな音楽、好んで食べ尽くしてきた音楽がLIE-DOWNを作っている。


日本全国のライブハウスをどさ回りし、自主のCDをドカドカ売りさばいて毎晩宴を行っていたが2012年10月に1stFullAlbum「ウルトララブレター」を全国発売。あのLIE-DOWNが?と各球団にどよめきがはしる。余談だがこの時とあるCD販売店が大きく展開してくれると言うのでわざわざ特別にPOPを作成したにもかかわらず、当日展開どころかLIE-DOWNのCDすらおいてないCDショップがあった。LIE-DOWNとは別に「特攻野郎Lチーム」としての顔をもつ彼らとしてコレを許すわけにはいかず店舗の前で△□●→×▼が行われたのは記憶に新しい。


そんな悪にめげずに2013年8月7日に1stMaxiSingle「overture」を発売。これが瞬く間に完売。各球団も戸惑いを隠せず大混戦となる。発売記念にワンマンライブを新宿紅布で行う。そしてまた全国をどさ回りしこの夏各地にoverture現象をもたらした。

瞬く間に完売と言われたovertureだが検索するとアマゾンなどで出てくるのは決して人に話してはいけない。この話をすると「特攻野郎Lチーム」がやってくる。


overture旋風の余波も消えぬ2013年12月4日に2ndFullAlbum「LUST FOR LIFE」を発売。1stを越える反響にいよいよ球団もその対策に身を乗り出してくる。この年2度の全国tourとワンマンを大盛況ののち成功させる。


2014年以降、新作のリリースはされていないが新たな楽曲は披露されている。音源化されるのか、されないのか、現在は不明である。また、ライブの本数も以前に比べて減っているところも心配されている。本人達の真意は不明であるが今後の動向に注目が集まるだろうと木村屋は語っている。

 
 
 

Copyright © LIE-DOWN,All rights reserved.